04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

ネボケマナコ日記

キットの模型製作ブログ

可動工作その2 


さて、今回は『首の補強』です。

同じ部品の数が足りずに、
イエローサブマリン製『関節技』(以下”Y”)とWAVE製『ボールジョイント大』(以下”W")
の2種類を使っています。

Y(青い方)は保持力が高くしかし硬い、W(赤い方)は柔軟性があるがねじれに弱い
というイメージを持っています。

今回の部隊兵では首をこのように作っていました。


もちろんこのままではポーズを取った時に丸見えになるので
目隠しをするつもりでした。

ところが、製作中に何度も関節の取り外しや、動きを確認していたところ
『べきっ』っと音が・・・



Yの保持力が強すぎ、胴体側の土台になっているプラ板が負けて
黒線部分からごっそりとジョイント側に持っていかれてしまいました。

そこで
対策①Yの保持力を落す→受けジョイント側の切り欠きを増やす
対策②本体側を補強する→ジョイントと胴体側の取り付け部周辺にパテを盛り、プラ板で囲む
を施します。

途中結果


この後、パテのはみ出しや、プラ板のエッジを整えます。

次回へ続く!

Posted on 2009/05/31 Sun. 22:43 [edit]

部隊兵  /  TB: 0  /  CM: 2

可動工作 


前回、バラバラにし自ら退路を絶ちました。

もともとポリキャップレスなので、無改造で
動かせる箇所はいずれ保持力が低下します。

その対策も兼ねて、分割箇所に市販のポリキャップやボールジョイントを仕込みました。


途中経過を載せるのは大変なのでご勘弁を・・・

こうして無事、元の様に人の形を成せるようになりました。


次は表面処理編可動工作その2です。

複数同時製作はツライよ~(じゃ何故やる?)

Posted on 2009/05/24 Sun. 22:57 [edit]

部隊兵  /  TB: 0  /  CM: 2

切断編 


さて、関節を仕込んでポーズを沢山取らせるために各部を切断します。

大まかに・・・
1.本体(?):首-胴体-腰-両足の5箇所をカット
2.腕:上腕-手首、2箇所をカット

細かく切り込みたい箇所はエッチングソーを使い、
ノコギリの要領でひたすら手を引きます。

ポリキャップを仕込むため大きく抉り込む箇所や
可動の支障になる部分は電動のリューターでガリガリ削ります。
切り屑はアートナイフで除去

でこうなります↓

勿論×3

今回使った道具


・右、リューター:GSIクレオス製
  切断用ビット(大きい円盤)は百均で買いました。
  電池駆動で回転速度を調整出来ませんが、十分に使えます。
  但し電池の替えがあるともっとストレス無く作業出来るはず。               

・左下、エッチングソー:ハセガワ製
  もう10年以上使ってます。
  現在は色んな歯の厚みを持ったツールが出回っています。
  刃物なんだから、歯は命。メンテするなり、買い換えるなりすれば良いのに(独り言)

正直リューター無かったら複数同時に作ろうなんて考え付きもしなかったと思います。

Posted on 2009/05/18 Mon. 22:03 [edit]

部隊兵  /  TB: 0  /  CM: 0

肉盗み埋め編 


さて部隊兵、正面から見ると分りませんが、
背後から見ると一目瞭然、腕周辺は穴だらけです!



そこでランナーや1mm角棒を差し込みます(
”をたるさん”おススメのMr.セメントSを流し込みしっかり接着。


足の裏には錘を入れます。
こちらはゼリー状瞬着で仮止め、この後パテで埋めます。


次回は切断編です。

Posted on 2009/05/16 Sat. 22:47 [edit]

部隊兵  /  TB: 0  /  CM: 2

『部隊兵』始めました 


3体セットで400円というお財布にやさしいキットです。

1体1ランナー×3色です。


わずか1分で組みあがります。


・・・3分後

増えました。

ポリキャップ無し、手首、股関節、腰、首は可動しません。
そして肩から腕に掛けて”肉盗み”ががっつり入っています。

この2点に焦点を絞って製作します。

Posted on 2009/05/13 Wed. 19:51 [edit]

部隊兵  /  TB: 0  /  CM: 2

FC2カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

おススメ

登録してます